未分類

色々な問題に備える

病院医療機関や介護施設、幼稚園や学校などの教育機関、ホテルなどの宿泊施設など、監視カメラは利用客などの安全確保にも役立っています。病院や介護施設では職員による医療ミスや犯罪、虐待が少なからず発生しており、学校に卒業生を名乗って入り、人に危害を与える事件も起きています。 病院や介護施設に監視カメラを設置すると、スタッフが起こしたトラブルはもちろん、患者の逃走や徘徊にもすぐに気付けますし、学校では玄関にカメラを設置することにより来訪者を記録し、人の出入りを制限して安全を確保できます。ホテルなどでは監視カメラで要注意人物の来訪を把握し、職員全員に通知してトラブルの回避を促します。

カメラも安全確保のための機能を盛り込んでおり、監視中に異常事態を自動で検知すると、行動を起こす機能が搭載されたネットワークカメラも出てきています。美術館や博物館での立ち入り禁止エリアに入ると、アラートを鳴らして知らせ、危害が加えられることを防ぎます。設定した以上の大きい音がすると、異常事態だと認識する機能もあります。人の悲鳴も感知できるので、動体検知機能で不審者を自動で追跡し、見逃すことを防ぎます。このようにさまざまなシーンで利用される監視カメラですが、一般の住宅でも利用できます。家の外回りを始め、室内に設置し高齢者やペット、子供の様子を外出先からスマホやタブレットで見守ることができます。