未分類

防犯・監視カメラとは

現在は、防犯カメラや監視カメラが街のあらゆるところに設置されていて、ひとたび、事件や犯罪が起きると、それらの膨大な情報が解決に役立っています。防犯カメラや監視カメラといいますが、この二つには、違いがあります。防犯カメラの目的は、犯罪を未然に防ぐことで、犯罪の起きて欲しくないところに設置します。一方、監視カメラの目的は、警戒して見張ることです。主な用途に、防犯・防災・計測・記録などがあり、防災が目的の場合には防災カメラと呼ばれます。会社では、社員を監視するために設置することがあります。

カメラ監視カメラは目立たないことが求められます。監視する対象に気付かれないような場所に、小さく隠れて設置されています。監視カメラは24時間稼動している場合が多く、ダミーのカメラはありません。もしも会社内部で不正行為が行われた場合には、動かぬ証拠になります。例えば小売店における犯罪の被害額は、年間数億円に上ります。万引きの多さに驚きますが、実は被害額の中には従業員の犯行によるものが、かなりの割合であるようです。店内の商品を持ち出したり、レジを操作したり、自動販売機の売上金をごまかしたり…。このような被害を防ぐために、監視カメラが設置されています。例えばレジを打つ時に合計ボタンを押さずにキャンセルして、客から受け取った現金を着服する「空打ち」などの不正があります。レシートで取り消しされているのに、現金を受け取っている映像があれば不正は隠せません。自動販売機の売り上げ金の抜き取りも多いようですが、証拠がなければ売り上げ金額が一致しなくても、諦めるしかありませんでした。監視カメラがあれば、売上金を回収している映像が残ります。監視カメラ設置することによって、こうした内部犯行を防ぐこともできます。